園だより2020年8月号

      2020/11/17

8月園だより

園だより2020年8月

園長の挨拶

水遊びが楽しい季節になりました。平素よりTACかわばた保育園をご利用頂き、誠にありがとうございます。8月10日(月)に第2回保育士研修を実施します。新体制でスタートして約5カ月ですが、園としてもまだまだ課題が多い状況です。理念教育を軸に、保護者の皆様が安心して大切なお子様を預けられる保育園を実現するための時間です。
弊社の理念は「TACかわばた保育園は2番目のおうちを目指します」です。理念の根底には安心安全の子ども主体の保育園であることという想いが込められています。それでは弊社にとって優秀な保育士とはどんな保育士なのでしょうか。多くの子どもが元気に走り回る現場では指示して子どもを動かすという保育が多いので、いかに指示がうまいか、子どもになめられないかということを「保育の力」と思っている方も多いです。つまり「子どもに言うことを聞かせられる保育士が優秀だ」と思われているようです。しかし、それは結果的に「子ども主体」からかけ離れていくように感じます。そこには子どもの気持ちが反映されていません。
弊社が求める保育士は「大切なことは子どもの気持ちや悩みをどれだけ深く感じ取れるかということ」を理解している保育士です。「今泣いているのはどうしてだろう?私はこの子のためにどうしたらいいのかな?」というのを考えて、子どものニーズに応えられる保育士であってほしい。子どもが何をしたいのか、何をしてほしいと思っているのか、それを感じ取ることができた上で対応できる人が弊社にとって優秀な保育士なのです。
研修では実務は勿論ですが、理念教育やマナー研修など
心の持ち方を中心に学んでいきたいと考えております。
1日休園でご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力お願い致します。

 - 園だより

才 あと才 あと才 あと

※空き状況は随時変動します。